読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユルタ思考回路

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

所得税ゼロにしたら、ちょっとアカンですよ

実に芳ばしいエントリーがあったので、私も税金について書いてみます。

 

消費税を15%にして所得税を廃止してほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20140323160041 anond:20140323160041

 

 

要点をまとめると、

 

累進課税だとお金を稼ぐ意欲が低下する

累進課税最高税率を引き上げても、税収はさほど上がらない。

③むしろ高所得者層が海外移住して、税収は下がる。

④消費税を15%に上げるだけで、所得税をゼロにしても、十分に成り立つはず。

⑤年収300万以下の人は所得税ほとんど払わないから不公平

⑥消費税の逆進性はありえない

⑦年収300万以下の人は、まじめに働いていない

 

うん、実に芳ばしいwww

 

私的には、

①②③はほぼ同意見、

④は反対

⑤⑥⑦は否定的。(てか⑦が酷すぎるわww)

 

確かに、累進課税は所得を増やす意欲を削ぐし、実際その一部の極小数の層に課税を強めても、大した税収にはならないでしょう。

おっしゃるとおり、海外流出した結果税収が下がるリスクもある。

さらに言うと、高所得者の外国人が日本に来るのを嫌がるという機会損失もね。

 

では、どうしたら良いか、ということで、④の「所得税をなくして消費税を3倍に」ってことだけど、これはかなり疑問。

単純に税率を3倍にしたからって、税収が3倍になるとは限らないからね。

当然買い控えも起きるだろうし、経済活動が低迷する可能性もある。

 

一方、所得税をゼロにするとどういう問題が生じるかというと、お金の流動性が下がっちゃう。

低所得者層に比べて、高所得者層の方が、所得を使わずに貯めこむ比率が多いから、必然的に市場に出回るお金の量が少なくなっちゃうんです(これはどっかの資料をググって貰えればわかると思うけど私はめんどくさいからやりません。)

それによって、経済活動も当然低下する。

 

つまり、所得税っていうのは、単なる国の資金集めの手段だけではなくて、経済の流動性を高めるシステムでもあるわけなのです。

 

ってことを全部踏まえて考えると、わたし的には、

・累進ではない高率の所得税

ベーシックインカム

の2点をセットで導入したらちょうどいいんじゃね?と思うのです

 

これなら所得税は累進じゃないから「働き過ぎると損する」みたいな感覚は起きにくくなるし、最初から高率なので、高所得者層に行くはずのお金の流動性もある程度高めることができる。

 

で、ただの高率な所得税だと、低所得者層は生活が立ちいかなくなるから、それをベーシックインカムでまかなう。

 

高所得者層も低所得者層も所得税率自体は同じになるから、④の不公平感も感じにくくなるんじゃないの?とも思うし。(そもそも私は不公平だとは思いませんが・・・)

で、さらに言うとベーシックインカム生活保護とは違って、高所得者層を含む全国民に給付されるから、その点の不公平感も和らぐはず。

 

海外流出は、高所得者層の一部の人(自分のお金を最優先する(ケチくさい)人)は、日本を離れてしまうかもしれないけど、別にお金の稼ぎやすさを日本の売りにする必要はなくね?と思う。

それ以外の、生活の質の高さとか、文化や歴史の豊かさとか、ご飯が美味いとか、そういう良さがたくさんあるじゃん日本。

 

 

というわけで、税金については、この線が今のところベストなんじゃないかと私は思うんですが、どうでしょうか??

 

 

あと、⑥と⑦についてカバーしてなかったけど、

⑥は普通に調べれば、そんなことはないってわかるはずだし、

 

⑦は言うまでもないっていうか…低所得者層の世界をしらなすぎでしょw

大体の人は大まじめに働いてますよwww

 

 

では〜ノシ

ペプシの2つのCMから考える日本人っぽい価値観

最近良く流れている2種類のペプシのCM。

 

私の場合、一つはすごく良い印象を受けて、もう一つ悪い印象を受けるんですが、これってひょっとして日本人特有の心理かも、と思ったので書いてみます。

(ちなみに私はコカ・コーラ派w)

 

まずは両方のCMをみて、どっちが好きか(どっちが嫌いか)考えてみてください。

できればその理由も。

 

↓桃太郎のCM


ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.ZERO」』篇 90秒 小栗旬 サントリー CM ...

 

↓アンケートのCM

ペプシネックス ゼロ 『美味しさ』篇 30秒 サントリー CM - YouTube

 

どうでしょうか??

 

どちらも「打倒!コーラ」を表しているCMだと思うんだけれども、印象がだいぶ違いませんか?

 

私の場合

 

桃太郎→すごく好印象。「ペプシも頑張ってるんだね。たまには買ってやるか」と思う。

 

アンケート→悪い印象。「なんじゃそりゃ!やらせか!」といいたくなる。

 

 

その理由は、

 

桃太郎は、

①自分が弱いということを謙虚に認めつつ、

②それでも「強いヤツ(コカコーラ)を倒せ」と意気込み、

③かつそれを、あからさまに表現しない

(コカコーラという言葉やモチーフは使わずに、「赤鬼」や「自分より強いヤツ」という表現でコカコーラを連想させようとしている)

 

から。

 

これを親しみのある「桃太郎」というイメージを使って表現しきっているところが、単純に印象もよいし、よく考えられていてすごいセンスいいなーと思います。

 

 

で、このCMに対する私の中の価値観を分解してみると、

自分の弱さや立場を認めている、謙虚な姿勢をよしとする。

②頑張っている弱い立場の方をなんか応援したくなる。

③はっきり言わないで、陰に隠していることをよしとする

って感じ。

 

一方、アンケートの方は、

①あまりにも露骨すぎるし、

②そのアンケート本当に正しいのか?(やらせじゃないか)と思うし、

③正しかったとしても、なんかムカつくし、

④個人的な体験としてもコカ・コーラの方が美味しいんだけど、

と思う。

 

私的には、あまりにも印象悪すぎて、このCM流す意味あるのか!?むしろ逆効果なんじゃないの??と思う感じです。

 

これは私がコカコーラ派だからそう思うのであって、ペプシ派の人にとってはそんなに悪いCMじゃないのかもしれません。

 

でもね、そもそもこのCMって、すでにペプシが好きな人じゃなくて、そんなに好きでもない人をターゲットにしているんだと思うんですよ。

 

そういう人たちに「ペプシの方が美味しいですよー」って勧めてるんだと。

 

で、そういうこともふまえて考えると、やっぱりCMとして意味があるのか?と思うんです。

 

でも、こんだけストレートに、「うちのコーラの方が美味しいんです!」と表現したほうが、「あら、じゃあ買ってみようかしら」って思いやすい人もいるのかな?とも思ったり。(私は思いませんが…)

 

で、この「謙虚で陰に隠して弱いのが良い派」と「ストレートで明確で強いのが良い派」って、文化的な違いなんじゃないか?と思ったのです。(どっちの感じ方が良いとかじゃないよ)

 

どうでしょう??

 

あなたは二つのCM見てどう思いましたか??

 

ノシ

「なぜいじめられた人は助けを求められないのか」を考えてみませんか?

今に始まったわけではないですが、いじめを苦にした自殺が後をたちません。
 
自殺までいなかくても、いじめに苦しむ人は今この時もたくさんいると思います。
 
いじめの問題が明るみになると、「なぜ周りは気づかなかったのか」「いじめる側の道徳教育はどうなってるんだ」などと問題提起されがちですが、私はこの論点から解決策を出すのはあまり有意義ではないように思います。
 
だって、隠そうと思えばいくらでも隠せますし、悪い人間は0には出来ませんから。
 
それよりも優先して考えるべきことは『なぜいじめられた人は助けを求められなかったのか』だと思うんです。
 
先生に相談してもいい、親に助けを求めてもいい、警察に駆け込んだっていい、大人に助けを求めてくれれば打つ手はいくらでもある。
 
でもそれが出来ず、一人で抱え込み、最後には死を選んでしまう。
 
決して、いじめられた人を責めている訳ではありません。
 
そうではなくて、私たち大人が助けを求めてもらえる環境を作れていないことが問題だと思うのです。
 
なぜ助けを求められないのでしょう?
 
私は、不名誉さ、心理的視野狭窄、無力感が、その背景にあるように思います。
 
不名誉さ
いじめられることは実に不名誉なことです。友達に嫌われているなんて、自分でも認めたくないし、誰かに知られたくもありません。
だから子供はいじめられていることを大人たちから隠そうとします。全然大丈夫じゃないのに、大丈夫とか言っちゃったりします。あるいは自分に言い聞かせているのかもしれません。
 
この不名誉さを隠したい強力な気持ちに我々大人は何ができるでしょうか?
 
『たとえどんなに友達から嫌われても、私たち大人は(先生は)(親は)、あなたを大切に思う。だから辛いことがあれば話してほしい』と全ての子ども伝えてもいいのかもしれません。
 
心理的視野狭窄
いじめられると「チクったらもっと酷い目にあわされる」思い込ませれ「従うしかない」という他の解決策が考えられない状態になります。この状態が限界に達すると「この苦しみから解放される方法は、自殺しかない」と死ぬ事しか考えられなくなり、最後には死にいたってしまいます。
 
この心理的視野狭窄に私たち大人は何ができるでしょうか?
 
私が思うのは、とにかく他の解決方法を度々提示するということ。例えば、学校でいじめのアンケートを定期的にとるとか、家庭で「もしいじめられたら、絶対に助けてあげるから言ってね」と定期的に言うとか。「他の解決策もあるんじゃないか?」と子どもが思えるきっかけをたくさん用意してあげるといいかもしれません。
 
無力感
いじめられている多くの子どもは「大人に言っても何も変わらない(あるいはひどくなる)」と思っています。私たち大人が信用されていないのかもしれませんし、大人たちよりもいじめる側の力の方が強いと誤解しているのかもしれません。あるいは「言ったけど、伝わらなかった」という経験が積み重なって作られた気持ちなのかも知れません。
 
この無力感に私たち大人は何ができるでしょうか?
 
私が思うのは、信頼感というのは一朝一夕で作れるものではないしちょっとした事で崩れやすいものなので、信頼感に頼るのではなくて、いじめを相談してから解決に至るまでの強力なシステムを明文化して子どもに教えたらどうかと思います。例えば「先生に相談すれば、警察に通報されて、いじめっ子は補導される」など。
 
 
以上は、素人の私が一日ちょっとで考えたいじめの問題意識と解決案です。
間違っているところもあるかもしれませんし、足りないところもたくさんあるでしょう。
でも、こういう事を私たち大人が一人一人考えて、行っていくことが大切なんじゃないかと思うのです。
 
「なぜいじめられた人は助けを求められないのか?」
「それに対して、私たちは何ができるか?」
 
ぜひ、考えてみてださい。
 
で、よかったらコメントに書いてみてね。
 
ノシ

2014年3月、東日本大震災について思うこと

2014年3月、東日本大震災から3年が経ちました。

 

3年経って思うことを、少しツイートしたので、ここにまとめておきたいと思います。

 

ちなみに私は、震災時は福島県にいて、震災とその後の原発事故を経験しました。

 

 

 

 

と、まあ、私の今の感じは、こんな感じです。

 

これから気持ちが変わったり、さらに思うことがあるかもしれないけど、その時はその時でまた、ツイートしたりこのブログでかけたらいいかなと思います。

 

ノシ

「hooked」モデルの4つのステップ

消費者行動心理学の面白い理論「hooked」をみつけたので、まとめておきます。

英語の本が出てるらしいけど、日本語版はまだっぽい。

 

この理論、ウェブサービスがどのようにユーザーの習慣になっていくかというプロセスをモデル化したモノなんだけれども、ウェブサービスに限らずモチベーションアップや行動の習慣化にも応用できるんじゃないかと思ってます。

 

応用については後々考えて別エントリでアップするので、とりあえず今回は「hooked」モデルのまとめ

 

①「hooked」モデルは、

・トリガー

・アクション

・リワード

・インベストメント

の4つのステップから成り立っています。

 

②で、この4つのステップが循環して、習慣化されるみたい。

 トリガー→アクション→リワード→インベストメント→トリガー→・・・

って感じ。

 

③4つのステップはこんな感じ

 トリガー:始めのきっかけとなるもの。退屈、孤独感などの感情による内的トリガーと、通知機能などの環境による外的トリガーがある。
 
 アクション:行動。簡単なほどやり易い。ボタンのタップやスクロールなど。
 
 リワード:「得れそう」と思うワクワク感。
 次の3つがある。
 ・ソーシャルリワード:他人とのやりとりに対するワクワク感
 ・ハントリワード:探すことによるワクワク感
 ・セルフリワード:自分があることを極めていくことに対するワクワク感
 
 インベストメント:行動に対して何かを期待すること。次のトリガーの原因となる。
 次の2つがある。
 ・次のトリガーを導くインベストメント
  :そのアクションが次のトリガーの原因になる。
   例:LINEでスタンプを押したら返信が帰ってきて通知される。
    スタンプが通知(次の外的トリガー)の原因になる。
 ・価値を保存するインベストメント
  :写真などを投稿すると価値が保存され、また来ようという内的トリガーになる。

 

Facebookで例えれば、

トリガー:通知が来て、友だちの投稿をしらせる。

アクション:簡単な操作で、友だちの投稿を確認。

リワード:友だちとのやりとりでワクワクしたり(ソーシャルリワード)、他に面白い投稿がないか見てワクワクしたりする(ハントリワード)

インベストメント:「いいね」を押したりコメントしたりすることで、次の通知(トリガー)の原因になる。

トリガー:通知「〜〜さんがコメントしました」

〜繰り返し〜

 

こんな感じかな??

私もこの記事を読んだだけのざっくりとした理解なので、間違っているところがあるかもしれませんが・・・。

日本語版の本でたら読んでみたいなー。

私が非常勤掛け持ちという働き方を選ぶ理由

私は現在、非常勤の仕事を掛け持ちして生計を立てています。

あ、ちなみに私はアラサー男で結婚しています。

 
仕事は専門職で、週二日勤務の仕事を2つ掛け持ち。(合わせて週4日勤務、毎週3日休み!)
収入は報酬ではなくて給料としてもらっているので、フリーランスではなくてあくまでサラリーマンです。
ただ普通のサラリーマンと違うところは、健康保険や年金や住民税は自分で払いますし雇用保険には入れません。年度末には確定申告をして自分で所得税を収めます。
やり方としてはアルバイト掛け持ちの人と全く同じだと思います…たぶん。
 
初めからこういう働き方かといえば、そうではなく、最初に就職した会社では正社員で週5〜6日、朝から晩まで働いていました。
 
で、5年くらい働いてから転職。
今の非常勤の仕事を掛け持ちするスタイルで働くようになりました。
 
正社員の仕事を辞めた理由は常勤・非常勤とは全く関係のないものですが、次の就職先を探す時に常勤・非常勤どちらのタイプの求人もあったので非常勤の仕事にエントリーして、それから今まで非常勤といった感じです。
 
今の非常勤掛け持ちの働き方には満足しているし、今後も可能な限りこのスタイルで続けていこうと思っています。
 
でも、世間的には「常勤・正社員=普通、非常勤=普通以下」みたいな価値観があるみたいなので、非常勤掛け持ちの方が良いと思う理由を書いときたいと思います。
(この間も「常勤になりたいでしょう?」みたいな事を言われて「いいえ」と答えたら驚かれた・・・)
 
 

非常勤掛け持ちの良いところ

①給料が上がりやすい
 意外に思われやすいですし私も初めはびっくりしたのですが、実は非常勤掛け持ちは給料が上がりやすいです。
 正社員の場合、毎年の昇給は微々たる定期昇給とほぼ運のボーナスアップがあるくらい。大きく昇給を狙うなら役職に付くか転職するかですが毎年そんな機会があることはまずありません。
 一方、非常勤掛け持ちの場合は複数の非常勤の仕事を取捨選択できるので、給料の良い仕事を増やして給料の低い仕事を辞めていけばその度に収入は上がっていきます。で、そのチャンスも多く私の業界では最低でも年に一回、よく注意して情報を集めれば年に数回も転職のチャンスがあります。
 私の場合、正社員で働いていた時は一年で月給数千円程度しか昇給しませんでしたが、今はその10倍くらいのスピードで収入が増えています。
 
②安定している
 「非常勤は不安定」という意識がまだまだ一般的ですが、私はむしろ非常勤の方が安定していると思っています。なぜなら複数の仕事を掛け持ちしているので、どこか一つが潰れたりクビになったとしても他の仕事は残っているからです。
 一方、常勤・正社員は今勤めているところがダメになったら収入は一気にゼロ。今はどんな大企業が潰れてもおかしくない時代なので、一つの企業に収入源を絞っている方がリスキーだと私は思います。
 さらに普段から就職活動をしているので、いざと言う時も焦らず対応することが出来ます。非常勤の私にとって就職活動は一世一代の大勝負ではなくて、日常的な営業業務です。
 
③自分の市場価値を最大化できる。成長できる。
 非常勤を掛け持ちしていると、常に労働市場にさらされているので、否応なしに自分の市場価値を意識することになります。
 自分の市場価値が高まれば色々な仕事の依頼が来て給料も上がりますが、市場価値が下がれば仕事は減って給料も下がります。
 仕事がなくなれば何が悪かったんだろうと本気で考えますし、仕事が増えればこの調子でいいんだと自信を持って日々の仕事やスキルアップに励めます。結果が自分の生活にダイレクトに跳ね返ってくる分、仕事に責任感を持って取り組めて、モチベーションも上がります。
 自分を振り返ってみても、正社員で働いていた時よりも今のほうが成長のスピードが速いように思います。
 
④時間を自分で配分できる
 仕事を取捨選択する中で、勤務の日数や時間帯も自分にあったものに柔軟に変えられるので、正社員・常勤よりもかなり自由に時間の配分が出来ます。週5日働かなければならないということは決してなくて、週4日働いて、1日は収入にはならないけどやりたい仕事やスキルアップに使う、なんて一人20%ルールも出来ます。(今の私はこれ)
 あるいは「去年は一生懸命働いたから、今年は働かない、で来年からまた一生懸命働く」みたいな間欠泉的な働き方もできます。
 
 この時間の自由さが、私にとっては超絶魅力的な非常勤の特徴で、非常勤を続けている最も大きな理由です。まじ最高。
 
 
とまあ、非常勤の良いところは「お金・安定・成長・時間」とこんなにも沢山あって、私にしてみたら常勤のいいところって何?って感じなのです。
 
 
もちろん業界によってはそんな働き方ありえないって所もあると思いますが、もし常勤・非常勤2つの選択肢があるとしたら、非常勤もいいよーと私は思いますよ。
 
 でわん(*´∀`)ノシ

福島県の甲状腺がんの発生率は他県より高いとは言えないよ

めんどくさいから書くかどうか迷っていたんだけれども、書くことにしました。

 
このブログを見て一人でも「そりゃそうだよね」と思ってくれる人がいたら良いなと思って。
 
先日、プルトくん(非公式)がこんなつぶやきをしました。(ちなみにプルトくん(非公式)のことは嫌いじゃないし、むしろ好きだからね!)

 
あと、こんな事を書いちゃってる人もいます。
 
これ見てどう思います??
 
「福島怖い」とか思います?
 
私は「その結論はおかしいでしょう!」と思いました。
 
なぜなら、
 
福島県が子ども全員に検査しているのに対して、他県は疑わしい人にだけ検査しているデータだからです。
 
普通甲状腺がんの検査は、甲状腺がんが疑われている人にしかしません。一般の健診の項目にもありません。
 
そうすると、どういうことが起こるか??
 
他県の場合、本当は甲状腺がんだけれども、検査をしていないから発見されていない(=この件数に含まれていない)人が必ずいるということです。
 
検査をすればするほど、検出件数と検出率が上がるのは、当たり前なんです。
 
ってことは、この福島県のデータから言えることは…
 
福島県甲状腺がんの発生率は他の県とくらべて、高いとも、低いとも、同じとも、言えない」
 
ということだけ。
 
つまり、何もいえねーってことです。
 
もし全検査している福島県のデータと比較するためには、他県のデータも全検査しなければいけません。
 
それに、そもそも、この検査はがんの発生率を他県と比較する事が目的ではありません。
 
この検査の目的は、万が一、放射線被曝の影響で甲状腺がんを発症したとしても、できるだけ早く見つけて早く治療する事で、可能な限り健康な生活ができるようにサポートしますから、安心してくださいよ!というものです。
 
 
それを引っ張りだして、偏った情報を創りだして、逆に不安を煽るとか、マジどういうことよ!と思うわけです。
 
福島県では、日々、放射線被曝を気にしながら生活している人が本当に沢山います。
 
だから偏った情報で不安を煽るのも、逆に問題がないように言うのも、私はおかしいと思います。
 
渦中の人がいるって事を意識して、自分の頭でしっかり考えて、私はネットに意見を書きたいなと思いました。