ユルタ思考回路

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

プア充の真の強みは時間

最近ネットで、プア充(所得が低くても充実してる人)の強みは「安定」だ!という記事( 年収300万円だからこそいい “プア充”提唱者が語る、女性が本当に幸せになれる結婚とは?|ウートピ )をみたんだけども、それ違くない?と思ったので、書いてみる。

プア充の強みは安定していることではなくて「時間が充実していること」じゃないかな??

だいたい安定していてプアな人ってそんなにいないでしょ。記事では、公務員とか例にあげられてるけど、今の時代「プアでいいから公務員」なんて選択肢ないですから!バブルじゃないですから!

今のプアは、派遣とかフリーターとか、正社員だけどめっちゃ給料安いとか、そんな感じですよ。で、それは別に安定してる訳でもなくて、いつクビになったり倒産したりしてもおかしくないような状況。むしろめっちゃ不安定。まぁでもそんなこと言ったら、プアじゃなくても、安定なんてもう何処にもない幻想だけど。

とにかく安定が強みではない。

一方で、時間はとにかくある。
自分の給料上げるために、さらに働いたり、勤務時間外に努力したりする必要がないから。(週40時間以上働いても生活が苦しい人や、そんなに働けない事情がある人は生活保護をもらいましょう)(サービス残業を無理やりさせられる人は労基に行きましょう)

だから仕事がない時は、テレビ見たり、おしゃべりしたり、読書したり、ネットしたり、美味しいご飯作ったり、散歩したりして、のんびり優雅に過ごす事ができる。こういうのって工夫すれば、お金はそんなに必要ないから生活保護レベルの所得でも十分可能。

テレビはリサイクルショップで安く買えるし、おしゃべりは家とか公園ですればタダだし、読書は図書館で借りればタダだし、ネットは月額3000円くらいだしパソコンもスペック気にしなければ凄い安いのあるし、最悪ネットは携帯でもみれるし図書館でもみれるし(図書館最強)、図書館が遠ければ散歩がてら歩けばいいし、食材も安いものでも工夫すれば美味しく作れるし。

とまぁ、所得が低くても時間さえあればある程度充実した生活できるじゃんということ。

逆に、仕事に生活の多くをつぎ込んで、お金は持っているけど、遊ぶ時間や家族と過ごす時間がない、って本当に充実してるって言えるのか、って問題定義がここから見えてくる。

時間を犠牲にするリッチか、お金を犠牲にするプアか。

それってワークライフバランスの問題そのものだよね。