ユルタ思考回路

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

仕事で得れるもの、余暇で得れるもの

最近はワークライフバランスばっかりのこのブログ。
ターゲッティング広告も「残業代もらってないとおもったら」とか「サービス残業は違法です」とか、そんなのばっかになってしまいました(でもそれ専門のブログじゃないんだよ!)(あと広告は余りにも主張しすぎなので広告なしの有料コースを検討中です)
 
さて前回のエントリで「とりあえず収入は気にしないで、どの活動が純粋に満足を感じるかに焦点を絞ろう!」という結論に達しました。
 
 
なので、今回はとりあえず、仕事の利点と、仕事以外の活動(余暇)で得れるものを思いつくままに、ブレインストーミング的に出してみたいと思います。
 
 

仕事で得れるもの

・お金が増える=食べたいものが食べれる、欲しいものが帰る、行きたい所に行ける=好きな生活ができる。お金を消費して目的を達成する。
・集団に所属できる。所属欲求の充足
・所属集団の中でのヒエラルキーを得れる。偉くなれる。権威を得れる。
・誰かに認めて貰える。承認欲求の充足
・自分の能力を活かせる。自分の能力や可能性を最大限発揮できる機会を得れる。自己実現欲求の充足。有能感。
・社会に影響・貢献できる。
・自分と関連のない世界と繋がる可能性がある
・誰かの役に立っている感を得れる。
・自分の存在価値を感じられる
・新たな人間関係を築ける
・成長できる。
・収入があることがステータスになる。モテる。
 

余暇で得れるもの

・フロー体験を得やすい。自身の快楽を最優先できる。
・すでにある人間関係を維持したり楽しんだりできる。
・興味関心を最大限追求できる。知的好奇心の最優先。
・美味しいものを作ったり、欲しいものを作ったりできる。時間を消費して目的を達成する。
・ゆるい。義務感から解放。
・自由である。経済活動や活動意義を無視できる。
・のんびり出来る。極論何もしなくても良い。
 
 
…こんな感じかな??
他に何か思いつくのがあったらコメントください!
 
 
そして、

気づいたこと

・仕事も余暇も得れるものは沢山あるが、得れるものの性質が違う気がする。
マズローの5段階欲求は、仕事のみで満たすことができる。逆に余暇のみで満たすのは難しいように思う。 
・仕事は長期的に利点があることが多いが、余暇は短期的に利点があることが多い。
・ただし人間関係においては逆の傾向がみられる。
 
 
 (o-´ω`-)フムフム…
 
てか、仕事で得れるものが多くてびっくりした!
余暇よりも項目数だけで言えば多いからね。
 
ノシ