ユルタ思考回路

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

ペプシの2つのCMから考える日本人っぽい価値観

最近良く流れている2種類のペプシのCM。

 

私の場合、一つはすごく良い印象を受けて、もう一つ悪い印象を受けるんですが、これってひょっとして日本人特有の心理かも、と思ったので書いてみます。

(ちなみに私はコカ・コーラ派w)

 

まずは両方のCMをみて、どっちが好きか(どっちが嫌いか)考えてみてください。

できればその理由も。

 

↓桃太郎のCM


ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.ZERO」』篇 90秒 小栗旬 サントリー CM ...

 

↓アンケートのCM

ペプシネックス ゼロ 『美味しさ』篇 30秒 サントリー CM - YouTube

 

どうでしょうか??

 

どちらも「打倒!コーラ」を表しているCMだと思うんだけれども、印象がだいぶ違いませんか?

 

私の場合

 

桃太郎→すごく好印象。「ペプシも頑張ってるんだね。たまには買ってやるか」と思う。

 

アンケート→悪い印象。「なんじゃそりゃ!やらせか!」といいたくなる。

 

 

その理由は、

 

桃太郎は、

①自分が弱いということを謙虚に認めつつ、

②それでも「強いヤツ(コカコーラ)を倒せ」と意気込み、

③かつそれを、あからさまに表現しない

(コカコーラという言葉やモチーフは使わずに、「赤鬼」や「自分より強いヤツ」という表現でコカコーラを連想させようとしている)

 

から。

 

これを親しみのある「桃太郎」というイメージを使って表現しきっているところが、単純に印象もよいし、よく考えられていてすごいセンスいいなーと思います。

 

 

で、このCMに対する私の中の価値観を分解してみると、

自分の弱さや立場を認めている、謙虚な姿勢をよしとする。

②頑張っている弱い立場の方をなんか応援したくなる。

③はっきり言わないで、陰に隠していることをよしとする

って感じ。

 

一方、アンケートの方は、

①あまりにも露骨すぎるし、

②そのアンケート本当に正しいのか?(やらせじゃないか)と思うし、

③正しかったとしても、なんかムカつくし、

④個人的な体験としてもコカ・コーラの方が美味しいんだけど、

と思う。

 

私的には、あまりにも印象悪すぎて、このCM流す意味あるのか!?むしろ逆効果なんじゃないの??と思う感じです。

 

これは私がコカコーラ派だからそう思うのであって、ペプシ派の人にとってはそんなに悪いCMじゃないのかもしれません。

 

でもね、そもそもこのCMって、すでにペプシが好きな人じゃなくて、そんなに好きでもない人をターゲットにしているんだと思うんですよ。

 

そういう人たちに「ペプシの方が美味しいですよー」って勧めてるんだと。

 

で、そういうこともふまえて考えると、やっぱりCMとして意味があるのか?と思うんです。

 

でも、こんだけストレートに、「うちのコーラの方が美味しいんです!」と表現したほうが、「あら、じゃあ買ってみようかしら」って思いやすい人もいるのかな?とも思ったり。(私は思いませんが…)

 

で、この「謙虚で陰に隠して弱いのが良い派」と「ストレートで明確で強いのが良い派」って、文化的な違いなんじゃないか?と思ったのです。(どっちの感じ方が良いとかじゃないよ)

 

どうでしょう??

 

あなたは二つのCM見てどう思いましたか??

 

ノシ