ユルタ思考回路

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

暇とクリエイティビティ

どうも、お久しぶりでございます。

 

最近、慣れない仕事をちょっとしたところから引き受けてしまって、忙しくてこのブログの存在を忘れておりました、ワタクシです。

 

で、その仕事もやっと一段落ついて(ホントに辛かった、もう)、また暇になったので、ネットサーフィンとかマンガ読んだりとかしてたら、「ああそう言えばブログ放置してたな・・」と思い戻って参りました。

 

それで思ったのは、「何か新しい事を始めよう」とか「なんかやってみようとか」とかそういう気持ち、大げさに言うと創造性・クリエイティビティって、ヒマじゃないと出てこないんだな、ということ。

 

まあ私の場合、いくら忙しいと言っても、一日中仕事をしている訳ではなくて、寝たり、おいしいモノを食べたり、ゲームしたりは普通にしてたんです。

ただ「ヒマ」ではなかった。やること、やりたいことがここ数ヶ月間はずっとあった。

 

少しでも時間があれば、ゲームしようとか、ゲームしようとか、しょうがないから仕事するかとか、ゲームしようとか、いっぱい予定が埋まっていたのです。

(ゲームはもはや私のライフワークなので、暇つぶしではない。私のゲーム観についてもいつか書きたいな)

 

で、そうすると、何か新しいモノを始めてみよう、とか、面白いモノを探してみようとか、もっと楽しくなるにはどうしたらいいだろうかとか、そういう気が起きなくなってくるんですね。

 

だって、やることあるんだもん。そりゃ、わざわざ別の事考えないよね。

 

でも、それって今振り返ってみると、なんか損してるように思ったんです。

世の中には、まだ知らないことや、楽しいことや、あるいはこれから自分で創りだしていけるものが、沢山あるはずなのに、目の前にあるものだけにしか目が向かないって、損してるなーって。

 

これって自分の人生に対して思考停止してる状態じゃね?とまで思ったり。

 

いや、仕事とか、ゲームとかしてる時は、思考停止してないんですよ。

むしろ思考フル回転で、やってます。仕事もゲームもね。

 

でも、それだけじゃないじゃない、今見えてるものだけじゃないじゃん。

今見えていないものに、目を向けようとすることがクリエイティビティの始まりだと思うんです。

なんとなくだけど。太字にしといた。

 

でも、忙しいとどうしてもそれがおろそかになっちゃう。

しかも、やるべきこと、やりたい事、を一生懸命にやることって、なんか正しい気がするからたちが悪い。だから、それで良いのかなとか、思っちゃう。

でも、それって、いや損じゃね?と思ったのです。

 

だから、意識的にヒマな時間を作る必要があるんじゃないかと思ったんです。

なんかいつか読んだ、ビジネス系の記事か本で、トッププレイヤーは「何もしない時間」の予定を作る、って書いてあったけれども、あーこれそういうことか!と思った。

 

暇って何気にすごく大事なんじゃないかな?

 

でも、その一方で、暇になると焦りも出てきますよね。

「こんなに暇にしてていいのかな?」みたいな。

もっと仕事したほうがいいんじゃないかな、なんか遊んだ方がいいんじゃないかな、みたいな。

そういう焦りに突き動かされて、なんか無駄に自己啓発書を読んだり、たいして楽しくないような遊びの予定を入れてしまったりすることも、何度もありました。

暇を無駄にしていました。

 

だから、これからは、「暇でもいーじゃん、いや、むしろ暇必要じゃん!」というスタンスで暇を謳歌しようと思います。

 

ブログは私的に良い暇の使い方かなーと思います。

普段思ってることも、整理できるし。

 

ああ、だから、暇って人生のチェックポイントなのかもしれませんね。